地震に強いマンションを選ぶコツは?

YUKARIさん
 大きな地震が発生してせっかく購入したマンションが倒壊しないか不安ですが、地震に強いマンションを選ぶコツって有るんですか?
ひろさん
チェックすべき項目は、「新耐震基準」と「地盤」の2点です。

建築基準法施行令が1981年(昭和56年)6月に改正され、それ以降に建築確認を取得したマンションには「新耐震基準」が適用されることになりました。

「新耐震基準」は、「中規模の地震動でほとんど損傷が生ずるおそれがないこと。」、「大規模な地震動に対して倒壊・崩壊するおそれのないこと。」という基準で定められています。

実際に1995年(平成7年)に発生した阪神・淡路大震災の際に、「新耐震基準」の適用後に建てられたマンションでは大きな被害は発生していない事からも、新耐震基準を適用したマンションの安全性が証明されていると思います。

なお、1981年(昭和56年)6月以前に施工された中古マンションでも、建築士が耐震診断をおこない、必要な耐震補強工事を実施して「耐震基準適合証明書」を取得した物件も有りますので、古いマンションの場合は仲介業者に確認してみましょう。

また、「地盤」も地震に強いマンションを選ぶ際は重要な項目で、一般的には河川敷に近い低地よりも高台の土地の方が、地盤が強固な可能性は高くなります。

2005年(平成17年)3月に発生した福岡西方沖地震は、警固断層沿いの玄界灘で発生し、長期間余震が続きましたので、倒壊の心配だけでなく地震の揺れ自体が苦手な方は、福岡市でマンションを購入する場合、警固断層沿いは避けた方が良いかもしれませんね。

YUKARIさん
1981年以降に新築されたマンションは、大規模な地震でも倒壊しない基準で建てられてるんですね。でも、やっぱり揺れるのは怖いな~(;”∀”)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です